自分の車の売り相場を知る

 

現在、自分が乗っている車の相場を知っているという人は少ないと思います。
相場には2種類あって、「買取相場」「売り相場」いうものがあります。

 

売り相場というのは、実際に同じぐらいの状態・距離・色・年式・・・で販売店で中古車としていくらで売っているかの金額のことを指します。

 

この売り相場を知っているだけで、とても有利に立つことができます。

 

売り相場を知っているとなぜ有利になるのでしょうか?

 

まず、一般的な国産中古車の場合、店頭価格から約20〜30万差し引いた金額がその中古車の原価といわれています。
そのことを頭に入れておくだけで、安く買われてしまうといったことも防げます。

 

「逆を言えば売り相場に近い金額を提示されたら売りということも分かりますね。」

 

基本的に営業マンは、お客さんのことを探りに探り、この人は車のことは全然無知なんだと分かった瞬間に、安く買って自分の給料の歩合を出そうとします。

 

その時に営業マンから提示された査定額があまりに低い場合は、売り相場から逆算したおおよその相場と照らし合わせれば一目瞭然ですね。

 

売り相場は通常、販売店が値段を決めるときに使用する相場ですが、うまく使えばおおよその相場を出すことができるので事前に調べておきましょう。

 

また、売り相場を調べるなら「Goo-net」「カーセンサー」が良いでしょう。

 

例として今回は、フィットハイブリットで調べてみましょう。

 

まずGoo-netで調べてみます。。
右上にある金額です。

 

車買取査定の極み

 

次にカーセンサーです。
左上にある金額です。

 

車買取査定の極み

 

同じ条件で検索して比較すると近い金額になってくるのが分かります。
今回は2台しか比較していないので正確な売り相場は出せませんが、比較出来るだけの台数が掲載されている場合は全て比較してみましょう。

 

ここで注意点としては、「車両本体価格」を比較することです。
総支払額で比較しないようにしましょう。

 

もし自分の車があまり売られていない場合は、その他の中古車販売サイトを利用してみましょう。

 

査定にくる買取店の営業マンもほとんどが、売相場を調べてきますのでこの情報を知っています。
少しでも営業マンを優位に立たせないようにするためには、こちらもそれなりの知識を学んでおく必要があります。

 

しかし残念ながら、趣味で車が好きな人や車関係の仕事をしている方以外は、この知識を知り得ませんので安く買われてしまうことが多いのです。しっかり基礎知識を学んでから査定に臨みましょう!

 

※おおよその相場を知るためのやり方です。これが確実な相場ではありません。

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!