修復歴がある車も売れるの?

 

過去に事故をして、どこかを修復していたりバンパーを変えたりなどしていていわゆる「事故車」だけど買取ってもらえるの?
と悩んでいる方もいると思いますが、結論から言いますと売れます!

 

しかし残念ながら確実に相場より安い買取になってしまします。
でも、「修復歴と事故歴ってなにが違うの?」って思いませんか?

 

修復歴と事故歴は、全く持って別物と考えて下さい。
お客さんの中で多いのが、修復歴なのに事故歴と勘違いをしていて営業マンに安く買われてしまうケースがあります。

 

まず事故歴ですが、事故歴とは中古自動車査定基準で定められた「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」
が事故歴のある車になります。

 

具体的にいいますと、車には骨組みがあります。
(骨組みは通称「フレーム」と呼ばれています。)

 

そのフレームが歪んだりしてしまうと事故歴が有になってしまいます。

 

車買取査定の極み

 

上記の図が車のフレームの場所と名称です。
車は9つのフレームから構成されていて、その一つが破損もしくはゆがんでしまうと事故歴がついてしまいます。

 

もし事故を起こし、車を修理する場合に板金屋さんに修理が入りますがその時に、「事故歴残っちゃうねー」や「フレームまでいってるねー」と言われたことがあれば、それは事故車を意味しています。

 

尚、事故歴を隠して車を売買すると何年先でも事故歴が発覚した時点でさかのぼって帰ってきて、お金を請求されてしまうので必ず申告しましょう。

 

自分が購入した車が事故車と知らなくて買ってしまった場合は、逆に請求できる立場なので発覚した場合は販売店に行きましょう。

 

また、オークションの査定票では事故歴があるものの評価が「R」となります。
査定中に営業マンが自分の車は事故歴がないのに、評価をRと書いていたらなぜか聞きましょう。

 

意外に査定時に事故車が発覚することもあるので、中古で車を購入された方は確認もできますね。

 

車買取査定の極み

 

上記がオークションに出品されていた事故歴がある車の査定表です。
評価がRになっているのが分かりますね。

 

評価がRになってしまうと普通の相場では売れません。
しかし値段がつかないということもありませんので、一度一括査定を依頼されるのも良いかもしれませんね。

 

次に「修復歴」です。
修復歴は主に、ぶつけたりしてしまったけどフレームまでは損傷していないという車のことをいいます。

 

たとえばバック駐車で後ろのポールにちょっとぶつけてしまい、板金屋にいったけどフレームまでいってないから上から塗装するだけで直ったなどです。
フレームまでいってなければしっかり直してあれば、大きく査定に響くことはあまりありません。

 

多くのお客さんが修復歴=事故車という風に考えているので、営業マンのいいカモにされてしまっています。
そこをしっかり知っておけば、営業マンの嘘が仮に嘘をついていても分かりますよね。

 

自分の車がもし過去に修復している場合は、一度修理をした板金屋さんに聞いてみるのもいいでしょう。

 

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!