整備記録簿や取説をまとめておく

 

「整備記録簿」と聞いて、整備記録簿ってなに?という人がほとんどだと思います。
整備記録簿とは、その車の今までのカルテのようなものです。

 

どこで車検を取ってその時にどこの部品を交換したなど、詳しく書かれているものを整備記録簿といいます。
通常は車検証などが入っているケースに一緒に入っているのですが、購入から年数が経っていたり中古で車を買うと紛失してしまって無い場合もあります。

 

私が営業マンの頃もよく記録簿が紛失していたり、抜けている車はたくさんいました。
全部残っているのがベストですが、最新のものがあればとりあえずは状態が分かるので最新のものは必ず無くさず保管しておきましょう。

 

実際の点検記録簿です。

 

車買取査定の極み

 

このように多くの項目に分かれていますので、その車の状態が隅々まで分かります。
また記録簿を書けるのは、国家資格を持った整備士のみなので記載情報に偽りはありません。

 

査定時に整備記録簿が多く残っていると、その車が過去にどこを修理しているかなどが分かるので買う側も安心できます。
そう言った点から整備記録簿が残っている車は非常に評価が高いです。

 

もう一つ気付いたら、よく紛失しているものが「取扱説明書」「保証書」です。
車の取説を頻繁に使う人は少数と言われています。

 

買ってから一度も開かないという人もいるぐらいです。
しかし、初めてその車を乗る場合は特に高齢者の場合、取説がないと操作方法が分からず重大な事故を起こしてしまう可能性もあります。
そういったことから、取説はしっかり保管しておきましょう。

 

取説に関しては、ディーラーやネットオークションで容易に手に入るのでそこまで査定額に響きませんが、次に乗るオーナーのためにも無くさないようにしましょう。

 

次に意外と存在自体が知られていない保証書です。
保証書は重要な役割を果たしているので絶対に無くさないようにしましょう。

 

車買取査定の極み

 

保証書とは新車を購入した際に、ディーラーから保証が受けれるように発券してもらう証書のようなものです。
新車で購入して売却する際に、保証書を持っていればこの車はワンオーナーなんだというのもすぐに分かります。

 

更に保証書は保証期間内だと継承できるので、買った中古車に保証が残っていた場合はその期間は無償で保証が受けれるのです。
国産車の場合は、「5年もしくは10万キロまではデイーラーが無償」で対応してくれます。

 

これが保証期間は残っているけど保証書が無いというと、再発行してもらったりなどとても手間が増えます。
自分が車を買うときに合ったほうがいいものは絶対無くさないようにしましょう。

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!