売却時に必要な書類と用意するもの

 

いざ車を売却することが決まり、そのとき「なにを用意したらいいのか?」またはなんの書類が必要なのかと、疑問に思う方も少なくないと思います。

 

今回はなにが必要なのかを説明していきたいと思います。

 

まず、売却が決まり契約書を交わすときに必要な物です。
印鑑は分かると思いますが、意外に忘れがちなのは口座番号が分かる金融機関の通帳等です。

 

ほとんどの買取店の場合、契約書に売却した車の金額を振り込む口座番号等を書く欄があります。
買取店はその口座に振り込みますので、そのとき分からないと最悪振込が遅れてしまう可能性があります。

 

また、契約書を交わすときの注意点ですが裏面の約款を必ず読みましょう。
どんな契約にも当たり前のことですが、中にはとんでもないことを記載している業者もいますので、全て読み少しでも分からないことがあったらすぐ質問しましょう。

 

その際に営業マンがすぐ答えられなかったり、はぐらかしてきたら要注意です。

 

次に必要な書類です。
基本的に改めてお客さんが用意をしなければいけない書類は、「印鑑証明書」1通もしくは2通、必要に応じて「住民票」1通です。
後は、営業マンが常時持ち歩いていますので、あとは実印で指定の場所に印鑑を押すのみです。

 

実印で押す書類は基本的に、「委任状」「譲渡書」になります。

 

車買取査定の極み

 

上記が委任状のサンプルになります。
基本的になにも記入する必要はありません。委任者に1箇所、捨印に1箇所です。

 

次に譲渡書です。

 

車買取査定の極み

 

上記が譲渡書のサンプルになります。
こちらも、基本的になにも記入する必要はありません。
印鑑を押す箇所は、譲渡人印1箇所と捨印に1箇所になります。

 

以上は普通車の必要書類になります。

 

続いて軽自動車の売却時に必要書類を説明していきます。
基本的に軽自動車の売却時に必要な書類はありません。

 

認め印だけあれば完了です。
必要に応じて委任状や印鑑証明が必要になりますが、基本は認め印のみです。

 

車買取査定の極み

 

上記が軽自動車に必要な書類のOCRシートというものになります。
こちらも営業マンが常時持ち歩いているものなので別途用意する必要はありません。

 

このシートに1箇所印を押すのみです。
こちらも記入する必要はありません。

 

以上が必要な書類の説明になりますが、中には別途書類が必要になるケースがあります。
しかし一般的な必要書類は、上記のもので問題ないです。

 

その都度、営業マンから説明があると思いますので、それに従いスムーズに作業を終わらせるようにしましょう。

お車の査定なら、丁寧・素早い対応・高価買取りの

比べる・選べる・決められる「ズバット 車買取比較」で無料一括査定!